内閣府 総合防災訓練に参加
更新日: 2016年08月06日
平成28年度大規模地震時医療活動訓練(内閣府)に日本福祉タクシー協会 三重県内協会会員にて訓練に参加

日本福祉タクシー協会は災害派遣医療チーム(DMAT)のサポーターの位置づけとして活動もしております。
今回は南海トラフ地震を想定した広域医療搬送訓練として協会から3台の支援を協力しました。

DMAT本部より依頼を受け三重県立医療センター→いなべ総合病院への患者搬送を担当
またいなべ総合病院からドクター、看護師を伴った患者搬送訓練を担当。
我々協会会員皆がDMATへの参加が初めてで有り実際の災害現場での救援活動を肌で感じながらたいへん有意義な時間をすごしました。

救急車、福祉タクシー(民間救急)による陸路搬送に加えヘリによる県内外への搬送と広域に渡る訓練であった。

三重県に隣接する県外からDMATチームも多く駆けつけ災害救助の活動にあたりました。

いつ起こるかわからない災害に対し日頃からこうした訓練の積み重ねがいざ災害が発生した時に少しでも生かせるよう今後もこうした訓練等に取り組んで行きたいと皆で確認しました。

←前 次→